【分かりやすい】美ヶ原高原の天気や適切な服装について

美ヶ原高原の天気、服装について知りたい方へ。

 

・今度美ヶ原高原に行こうと思っているので、季節ごとの天気を知りたいです。
・ついでに適切な服装についても教えてほしいです。

 

記事を読むことで分かること
【1】美ヶ原高原の季節ごとの天気について
【2】季節ごとの服装について
【3】美ヶ原高原周辺の観光地、おすすめの宿、アクセス方法など
この記事を書いている私は温泉ソムリエで、今まで300カ所以上の国内の観光地や温泉地を巡っています。

 

1.美ヶ原高原の季節ごとの天気、服装について

美ヶ原高原の気候は変動しやすく、高山のため低地よりも気温は低いです。以下で月別の気温について紹介していきますので、旅行に行く前の参考にしてみて下さい。
気温については、毎年ある程度決まっていますので紹介できますが、降水確率、湿度などはその時によって異なりますので、天気予報のサイトをご覧ください⇒tenki.jp

美ヶ原高原の月別の気温

単位(℃) 1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高 -5.0 -3.4 0.3 7.0 12.2 15.8
最低 -14.8 -15.6 -10.4 -4.1 1.7 6.9
平均 -9.4 -8.6 -4.6 2.2 7.7 11.7
単位(℃) 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高 19.6 21.5 16.3 10.2 3.9 -1.5
最低 11.4 12.3 7.9 -0.7 -5.9 -11.5
平均 15.7 16.4 12.0 5.3 -0.6 -5.9

美ヶ原高原は、気温が一番高い8月でも21.5℃となっており、真夏でも涼しくなっています。反対に、冬は気温が一気に低下し、2月の最低気温は-15.6℃となります。

以下でそれぞれの季節に合わせた服装を紹介していきます。

美ヶ原高原における季節ごとの服装

美ヶ原高原の季節ごとの服装を紹介しています。山岳地帯なので、おしゃれな感じのコーディネートは紹介していません。日中・朝晩のそれぞれの服装について紹介していますので、よければ参考にしてみて下さい。

【1月】
日中:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)を2枚重ね着する、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど


【2月】
日中:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)を2枚重ね着する、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど


【3月】
日中:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(普通のダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下など
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)を2枚重ね着する、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど


【4月】
日中:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(普通のダウンジャケットなど)
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど


【5月】
日中:暖かいインナー(長袖シャツなど)、薄手のアウター(薄手のパーカー、コートなど)
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(普通のダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下など


【6月】
日中:暖かいインナー(長袖シャツなど)、薄手のアウター(薄手のパーカー、コートなど)
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(普通のダウンジャケットなど)


【7月】
日中:長袖シャツ、薄手のアウター(ネルシャツ、カーディガンなど)
朝晩:やや厚めのアウター(パーカー、コートなど)


【8月】
日中:半袖シャツor長袖シャツ
朝晩:やや厚めのアウター(パーカー、コートなど)


【9月】
日中:長袖シャツ、薄手のアウター(ネルシャツ、カーディガンなど)
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(普通のダウンジャケットなど)


【10月】
日中:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(普通のダウンジャケットなど)
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど


【11月】
日中:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(普通のダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下など
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)を2枚重ね着する、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど


【12月】
日中:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンジャケットなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど
朝晩:暖かいインナー(ヒートテックや分厚い長袖シャツなど)を2枚重ね着する、風を通さない暖かいアウター(分厚いダウンなど)、手袋・マフラー・厚めの靴下・耳当てなど

上記はあくまでも最高気温・最低気温の統計に基づいた服装です。年によって多少気温も変動しますので、その日の気温に応じて臨機応変に服装を変更してください。

2.美ヶ原高原周辺の観光地

美ヶ原高原周辺には数多くの観光スポットがあります。せっかく美ヶ原高原に行くならば、様々な場所を回ることをおすすめします。別記事で美ヶ原高原の観光スポットについて紹介していますので、そちらをご覧ください。日の出や星空についても紹介しています。

 

 

3.美ヶ原高原でおすすめの宿

美ヶ原高原には主に3つの宿があります。一番人気なのは王ヶ頭ホテルですが、ここは常時予約がいっぱいで宿泊するのが難しいです。そのため、予約しやすい宿として、私は美ヶ原高原ホテル 山本小屋をおすすめしています。

見た目は山小屋のような感じですが、必要最低限のものは揃っていますので、宿泊するには特に問題はありません。特に、夕食は他の宿に負けないぐらい美味しいです。美ヶ原高原で唯一の温泉もありますよ。

具体的に、泊まってみて良かった点、もう一息と思った点、ホテル内部の様子などは下記記事で紹介しています。

 

4.美ヶ原高原へのアクセス方法

美ヶ原高原へのアクセス方法には、車、公共交通機関、高速バス、飛行機など4種類あります。それぞれを具体的に解説している記事がありますので、よければそちらをご覧ください。

 

 

まとめ

今回は、美ヶ原高原の天気や服装について紹介してきましたが、いかがでしたか。

美ヶ原高原は2000mの高地にあるので、天気や服装について何も考えてないと失敗する可能性があります。普段住んでいる場所とは違う気候なので、しっかり準備した上で観光に行くことをおすすめします。

それでは失礼します。

最新情報をチェックしよう!