諏訪湖周辺のおすすめ観光地6選【実体験から紹介します】

諏訪湖周辺にどのような観光地があるのか知りたい方へ。

 

・諏訪湖に行くのは初めてだから、どこを回ったらいいか分かりません。
・ついでに諏訪湖周辺でおすすめのホテル・旅館とかあれば教えて下さい。
記事を読むことで分かること
【1】諏訪湖周辺の観光地について
【2】諏訪湖周辺でおすすめの旅館・宿について
この記事を書いている私は、今まで300カ所以上の国内の観光地や温泉地を巡っています。

 

1.諏訪湖周辺のおすすめ観光地【6選】

1.1、諏訪大社上社本宮

諏訪湖にある諏訪大社は、全国にある約25000の諏訪大社の総本社です。

諏訪大社の神様である諏訪明神は、古くから風・水の守護神であり、五穀豊穣を祈る神、また武勇の神として広く信仰されてきました。現在では、生命の根源・生活の源を守る神と崇められています。

諏訪大社は、4ヵ所の境内を持つ神社です。それぞれ、本宮、前宮、秋宮、春宮といい、諏訪湖の周辺にあります。私が行ったのは本宮であり、諏訪大社の中では一番賑やかな場所ではないかと思います。

諏訪大社上社本宮については別記事で詳細に紹介していますので、よければそちらをご覧ください。

名称:諏訪大社上社本宮
住所:〒392-0015 長野県諏訪市中洲宮山1
電話番号:0266-52-1919
営業時間:9:00~16:00
料金:参拝無料、宝物殿入場料(大人500円、子ども300円)
定休日:年中無休
滞在所要時間:約1~2時間
交通アクセス:諏訪ICから車で約5分
駐車場:参拝者専用の駐車場があります(300台、無料)
ホームページはこちらから

 

1.2、立石公園

立石公園は、諏訪湖から少し山の方に上がった場所にあります。ここからは、諏訪湖の景色を一望できるため、とても人気の撮影スポットとなっています。

公園までは、国道20号線から約7分で着きますが、公園に行く途中は道が狭くて若干入り組んでいるので、道を間違える可能性があります。公園に到着しても、駐車場が埋まっている可能性があるため、その点にもご注意ください。

【立石公園から見た諏訪湖】

公園からは、諏訪湖を一望することができ、天気にも恵まれて最高の一枚を撮ることができました。本当に見晴らしが良く、遠くに北アルプスの山々連なっているのが見えますね。

【立石公園の展望台から見た諏訪湖】

立石公園には展望台があります。ここからの景色では、さらに広域で諏訪湖やその周辺を一望することができましたが、下に駐車場が見えることがマイナスポイントですかね。

いずれにしても、諏訪湖の景色を見たいなら立石公園を訪れることをおすすめします。ちなみに、諏訪湖の花火大会では、立石公園は凄い人になることが予測されます。

 

Googleマップで確認する

名称:立石公園
住所:〒392-0003 長野県諏訪市上諏訪10399
電話番号:0266-58-0120
営業時間:24時間
料金:無料
定休日:年中無休
滞在所要時間:約30分~1時間
交通アクセス:諏訪ICから車で約20分
駐車場:あり(20台、無料)
ホームページはこちらから



1.3、諏訪湖

立石公園からは諏訪湖を一望できますが、せっかく観光に来たなら諏訪湖を間近で見たいですよね。諏訪湖の周辺には、無料の駐車場がいくつかありますので、そちらに停めてから湖に行くといいでしょう。諏訪湖周囲には、ランニング用の道が整備されており(1週16km)、他にも釣りやボートなどもできます。

湖を間近で見ると、その大きさが実感できます。湖自体は綺麗とは言い難いので、水に手をつけるのはやめておいた方がいいかもしれません。

また、諏訪湖の中に小さな島がありますね。ここは初島といい、諏訪大社と同じ神様が祭られているとのことです。同時に、花火大会の打ち上げ場所にもなっているみたいです。諏訪湖の花火大会は日本一の打ち上げ数を誇るので、花火大会に合わせて訪れてみるといいかもしれません。

 

Googleマップで確認する

名称:諏訪湖
住所:長野県諏訪市
営業時間:24時間
料金:無料
定休日:年中無休
滞在所要時間:約1時間
交通アクセス:諏訪ICから車で約15分
駐車場:あり(無料)
ホームページはこちらから

 

1.4、湖畔公園足湯

諏訪湖沿いで、諏訪湖間欠泉センターのすぐそばにあります。

この足湯は無料で入ることができ、諏訪湖を眺めながらゆっくりすることが可能です。温度はちょうどいい感じでした。屋根と椅子も用意されているので、休憩にはもってこいの場所だと思います。

あと、タオルを忘れないようにしてください。万が一忘れた際には、隣の諏訪湖間欠泉センターにも売っていますので、そちらで購入してください。

 

Googleマップで確認する

名称:湖畔公園足湯
住所:〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2-208-338
電話番号:0266-52-4141
営業時間:4月~11月(9:00~18:30)、12月~3月(9:00~17:30)
料金:無料
定休日:年中無休
滞在所要時間:約15~30分
交通アクセス:諏訪ICから車で約15分
駐車場:あり(無料)
ホームページはこちらから

 

1.5、諏訪湖間欠泉センター

ここでは、人工の間欠泉を見ることができます。元々は、自然に噴射していたみたいですが、徐々に噴射の間隔が長くなって、最終的には噴射しなくなったとのことです。今では、時間を決めて人工的に間欠泉を噴射しています。

中央の穴から間欠泉が噴射します。

私が行ったときは、ちょうど噴射した直後だったので、次は1時間以上待たないといけない状況でした。当時は急いでおり時間がなかったため、残念ながら間欠泉を見ることはできませんでした。

日本で間欠泉を見られる場所は限られていると思いますので、良ければ足を運んでみてはいかがでしょうか。珍しい体験ができると思いますよ。

 

Googleマップで確認する

名称:諏訪湖間欠泉センター
住所:〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2-208-90
電話番号:0266-52-8282
営業時間:4月~9月(9:00~18:00)、10月~3月(9:00~17:00)
料金:無料
定休日:8月15日、9月第1土曜日は休館
滞在所要時間:約30分
交通アクセス:諏訪ICから車で約15分
駐車場:間欠泉センターと道路を挟んで向かい側にあります(無料)
ホームページはこちらから
間欠泉噴出時間
:9時30分、11時00分、12時30分、14時00分、15時30分、17時00分(4月~9月のみ)

 

1.6、財団法人 片倉館

片倉館は、当時のヨーロッパやアメリカなどの建築物を参考にして作られた建物です。館内には、温泉や食堂などがあります。

特に、温泉は千人風呂が有名です。天然温泉となっており、大浴場には100人が同時に入浴可能です。ステンドグラスや彫刻などを見ながら温泉を満喫することができます。

片倉館の外観は、いかにも近代ヨーロッパ風の建物となっています。この中に温泉があるというのは若干違和感がありますが、一度入ってみたい感じもします。立派な観光名所なので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

Googleマップで確認する

名称:片倉館
住所:〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-9
電話番号:0266-52-0604
営業時間:10:00~20:00(受付は19:30まで)
料金:大人750円、子ども450円(3才以上小学生まで)
定休日:毎月第2・第4火曜日
滞在所要時間:約1~2時間
交通アクセス:諏訪ICから車で約10分
駐車場:普通車80台、大型車も駐車可能(無料)
ホームページはこちらから



2.諏訪湖周辺でおすすめのホテル・旅館

諏訪湖周辺には、上記の観光地意外にも、霧ヶ峰高原やSUWAガラスの里などの有名な観光地があるため、それらを日帰りで回るのは難しいと思います。そのため、諏訪湖周辺で宿泊して観光地を巡るのがおすすめです。

諏訪湖周辺のホテル・宿については、別記事で紹介していますので、よければそちらをご覧ください。

 

まとめ

諏訪湖周辺のおすすめ観光地を紹介してきましたが、いかがでしたか。

諏訪湖の周辺には、有名な観光地が数多くありますが、とりあえず私が行った場所を感想踏まえて紹介してみました。せっかくの楽しい旅行なので、しっかりと下調べをしておきたいですよね。この中で気になった観光地があれば、ぜひ候補地として検討してみて下さい。思い出いっぱいの旅行になるといいですね。

それでは失礼します。

最新情報をチェックしよう!