【簡単に分かる】白骨温泉へのアクセス方法について

白骨温泉へのアクセス方法について知りたい方へ。

 

・白骨温泉へはどうやって行けばいいんだろう。
・白骨温泉に行く際の交通手段は何があるんだろう。
・ついでに白骨温泉のおすすめ観光地、旅館なども知りたいです。
記事を読むことで分かること
【1】白骨温泉へのアクセス方法について
【2】白骨温泉周辺のおすすめ観光地について
【3】白骨温泉でおすすめの旅館について
この記事を書いている私は、今まで300カ所以上の国内の観光地や温泉地を巡っています。

 

1.白骨温泉へのアクセス方法、駐車場

1.1、アクセス方法

車で行く場合

関西地方から:約5~6時間

【高山経由】

まずは名神高速道路に乗る→一宮JCTで東海北陸自動車道へ→飛騨清見ICで中部縦貫自動車道へ→高山ICで降りて41号線へ→冬頭町交差点を左へ→89号線を進む→下切町交差点を右へ→89号線を進んでそのまま158号線へ移行→平湯ICを右へ進み安房トンネルへ→しばらく158号線を進む→300号線へ入り、道なりに進むと白骨温泉です。

【松本経由】

まずは名神高速道路に乗る→そのまま東名高速道路へ移行→小牧JCTで中央自動車道へ→中津川ICで降りて257号線へ→旭交差点で右へ→突き当りを右へ→道なりに進んで257号線へ→19号線へ移行、しばらく道なりに進む→256号線へ移行、しばらく道なりに進む→19号線へ移行、しばらく道なりに進む→薮原交差点を左へ→26号線をしばらく進む→突き当りを左へ、158号線を進む→300号線へ入り、道なりに進むと白骨温泉です。

 

関東地方から:約3~4時間

【諏訪湖経由】

まずは中央自動車道に乗る→岡谷JCTで長野自動車道へ→松本ICで降りて、松本IC交差点を右へ→158号線をしばらく道なりに進む→300号線へ入り、道なりに進むと白骨温泉です。

【安曇野経由】

まずは北関東自動車道に乗る→高崎JCTで関越自動車道へ→藤岡JCTで上信越自動車道へ→更埴JCTで長野自動車道へ→松本ICで降りて、松本IC交差点を右へ→158号線をしばらく道なりに進む→300号線へ入り、道なりに進むと白骨温泉です。

 

東海地方から:約3時間

まずは名神高速道路か東海北陸自動車道に乗る→飛騨清見ICで中部縦貫自動車道へ→高山ICで降りて41号線へ→冬頭町交差点を左へ→89号線を進む→下切町交差点を右へ→89号線を進んでそのまま158号線へ移行→平湯ICを右へ進み安房トンネルへ→しばらく158号線を進む→300号線へ入り、道なりに進むと白骨温泉です。

 

東北地方から:約6~8時間

まずは東北自動車道に乗る→岩舟JCTで北関東自動車道へ→高崎JCTで関越自動車道へ→藤岡JCTで上信越自動車道へ→更埴JCTで長野自動車道へ→松本ICで降りて、松本IC交差点を右へ→158号線をしばらく道なりに進む→300号線へ入り、道なりに進むと白骨温泉です。

松本ICから白骨温泉までは、車で約60分かかります。
高山ICから白骨温泉までは、車で約70分かかります。

 

無料の専用駐車場(30台)があります。白骨温泉に向かう途中、龍神の滝を過ぎてからすぐ左側にあります。公共トイレがあるのが目印です。白骨温泉観光案内までは行かないので注意してください。



電車で行く場合

関西地方から(大阪):約5~6時間

ここでは1パターンのみ紹介します。一応高山経由もありますが、時間がかかるので松本経由のみ紹介しています。

【1】東海道新幹線で名古屋駅へ→JR中央本線特急で松本駅へ

 

関東地方から(東京、宇都宮):約5~6時間

松本駅へ行くには2パターンあります。

【1】JR中央本線特急で松本駅へ
【2】北陸新幹線で長野駅へ→JR篠ノ井線で松本駅へ

 

東海地方から(名古屋):約3~4時間

ここでは1パターンのみ紹介します。一応高山経由もありますが、時間がかかるので松本経由のみ紹介しています。

【1】JR中央本線特急で松本駅へ

 

東北地方から(仙台):約6~7時間

松本駅に行くには基本的に1パターンしかありません。

【1】東北新幹線で大宮駅へ→北陸新幹線で長野駅へ→JR篠ノ井線で松本駅へ

【松本駅→新島々駅→白骨温泉】
松本駅から松本電鉄に乗って、約30分かけて新島々駅へ向かいます。
新島々駅から白骨温泉までは、アルピコ交通の路線バスで向かいます。
料金:大人片道1550円、往復2800円です(子供は半額)。
時刻表:新島々駅発8:40、14:10、15:30
7/27~11/15の期間は約55分かかります。
11/16~4/16の期間は約70分かかります(乗鞍高原を経由するため)。
【松本バスターミナル→白骨温泉】
松本バスターミナルから直通バスに乗って、約90分かけて白骨温泉まで向かいます。
料金:大人片道2050円、往復3800円です(子供は半額)。
【松本駅】
【松本バスターミナル】
【新島々駅】

高速バスで行く場合

高速バスは、東京、大阪、京都、神戸、愛知のみ運行しています。

【日本旅行(バスぷらざ)】
東京⇔松本バスターミナル
大阪・京都⇔松本バスターミナル
※片道・往復の予約が可能です。
【バスブックマーク】
名古屋⇔松本駅
大阪⇔松本駅
京都⇔松本駅
神戸⇔松本駅
※片道・往復の予約が可能です。

【楽天トラベル】
東京⇔松本バスターミナル
名古屋⇔松本バスターミナル
大阪・京都⇔松本バスターミナル
※片道・往復の予約が可能です。

【松本駅→新島々駅→白骨温泉】
松本駅から松本電鉄に乗って、約30分かけて新島々駅へ向かいます。
新島々駅から白骨温泉までは、アルピコ交通の路線バスで向かいます。
料金:大人片道1550円、往復2800円です(子供は半額)。
時刻表:新島々駅発8:40、14:10、15:30
7/27~11/15の期間は約55分かかります。
11/16~4/16の期間は約70分かかります(乗鞍高原を経由するため)。
【松本バスターミナル→白骨温泉】
松本バスターミナルから直通バスに乗って、約90分かけて白骨温泉まで向かいます。
料金:大人片道2050円、往復3800円です(子供は半額)。


2.白骨温泉周辺のおすすめ観光地

白骨温泉周辺には、数多くの観光地があります。そのため、白骨温泉に行くのが初めての場合は、どのスポットを回ったらいいのか分からない方も多いと思います。

私が過去に白骨温泉周辺を回った際に、おすすめの観光地を紹介している記事がありますので、よければそちらをご覧ください。

3.白骨温泉でおすすめのホテル・旅館

白骨温泉周辺には数多くの観光地があり、それらを日帰りで回るのは難しいと思います。そのため、白骨温泉で宿泊して観光地を巡るのがおすすめです。

別記事で、白骨温泉でおすすめのホテル・旅館を紹介していますので、良ければそちらをご覧ください。

まとめ

今回は、白骨温泉へのアクセス方法について紹介してきましたが、いかがでしたか。

白骨温泉は山中にあるため、交通の便が非常に悪いです。各都市から白骨温泉への直通バスもないので、車以外で来る方はアクセスで迷うことも多いと思います。なので、迷っておられる方の役に立つことができれば幸いです。

それでは失礼します。

最新情報をチェックしよう!