草津温泉 西の河原露天風呂について【実体験から紹介します】

草津温泉の西の河原露天風呂について知りたい方へ。

 

・西の河原露天風呂ってどんな感じなんだろう?
・草津温泉に行く予定なので、西の河原露天風呂にも行った方がいいのか迷っています
記事を読むことで分かること
【1】西の河原露天風呂の様子について
【2】草津温泉周辺の観光地、アクセス方法など
この記事を書いている私は、今まで300カ所以上の国内の観光地や温泉地を巡っています。

 

1.西の河原露天風呂について

西の河原露天風呂は、西の河原公園の奥にある天然温泉です。温泉は万代鉱源泉を使用しており、殺菌や抗炎症作用に優れています。西の河原露天風呂の特徴は、何といってもその解放感で、男女合わせて500m²の広さを誇ります。もちろん露天風呂なので、大自然に抱かれながら入浴することができます。

私も実際に西の河原露天風呂に入ってみたので、その時の感想を交えながら紹介していきます。

西の河原公園の展望台から更に奥へ100mほど進むと、西の河原露天風呂があります。西の河原公園の入り口からは、500mほどの距離になります。西の河原公園については別記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。天狗山第1駐車場からも来ることができますので、どちらから来ても大丈夫です。

個人的には、西の河原公園を楽しみながら露天風呂まで行く方をおすすめします。

 

西の河原露天風呂の外観です。風情があっていい感じの雰囲気ですね。

 

目の前には休憩所や散策道などがあります。



 

西の河原露天風呂と大きく書いてあります。ここの先を右に進むと露天風呂の受付があります。

 

奥に受付が見えています。ここから先はペット禁止となっていますのでご注意ください。

 

西の河原露天風呂は万代鉱源泉を使用しており、湯冷めしにくい特徴があるみたいですね。また洗い場がないので、身体を洗うことはできません。その点を理解して入浴するようにしてください。

草津温泉には、西の河原露天風呂以外にも大滝乃湯、御座之湯があり、合わせて草津三湯と言われています。湯めぐり手形を購入すると、安い料金で3つの温泉に入ることができます。また、湯めぐり手形がハガキになっているので、実際に郵送することも可能です。もしも興味がある方はこちらをご覧ください。

 

草津温泉に入る際の心得です。

受付を済ませたら、いざ温泉へ直行します。ちなみに、受付でタオルが販売されているので、手ぶらで訪れても大丈夫ですよ。

フェイスタオルですが、西の河原露天風呂と書いていますので、タオルを持ってくるよりは購入した方がいい思い出になるかもしれませんね。

これから先は撮影禁止なので、文章だけで紹介していきます。

露天風呂は男女別になっています。更衣室は比較的狭く、中にはトイレが設置されています。更衣室にはロッカーがありますので、貴重品はそちらに入れることができます。また入浴のみとなっているので、ドライヤーはありません。頭を洗いたい人は、洗い場のある温泉に入って下さい。

服を脱いで外に出ると、もの凄く広い露天風呂が目の前に現れます。今まで見た中で、断トツで大きい露天風呂です。大自然に囲まれており、非常に開放的になっています。もちろん外から見えることはありません。

温泉はやや深くなっています。温泉に完全に浸かってしまうと、肩の上までお湯がくるので髪が濡れてしまいます。その点だけ注意して下さい。また、露天風呂のところどころに岩があるので、そこに座って半身浴を楽しむことも可能です。露天風呂のそばに椅子もありますので、ほてった身体を冷ますこともできます。

実際に温泉に入ってみると、温度はやや熱くなっていますがすぐに慣れてきます。源泉掛け流しで泉質がいいためか、肌がつるつるして気持ちいいです。

かなり広い露天風呂なので、他の人と距離が離れています。また、湯気が立ち込めているので、人の目を気にする必要がありません。そのため、気兼ねなく開放的な露天風呂を楽しむことができますよ。

また、西の河原露天風呂では混浴やライトアップなども開催されています。草津温泉に来た際には、ぜひ立ち寄って頂きたい温泉だと思います。

 

Googleマップで確認する

名称:草津温泉 西の河原露天風呂
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3
電話番号:0279-88-6167
営業時間
7:00~20:00(4/1~11/30)
9:00~20:00(12/1~3/31) ※最終入館は19:30まで。
料金
大人600円、子供300円(湯めぐり手形はこちら)
オリジナルフェイスタオル320円、オリジナルバスタオル1350円
混浴の際の湯あみ着レンタル(女性400円、男性無料)
定休日:年中無休
滞在所要時間:約1時間
ライトアップ:毎日あり
混浴開催日:毎週金曜日の17:30~20:00(男湯が混浴の場となり、女湯は通常通りです)
交通アクセス:
上田菅平ICから車で約1時間、国道292号線は通行止めです。
駐車場:天狗山第1駐車場(無料、300台)
ホームページはこちらから



2.草津温泉周辺の観光地

草津温泉には数多くの観光地があるので、どこを回ればいいのか分からない方もいると思います。私が実際に観光地を回った際に、おすすめだと思った場所を記事でまとめていますので、よければそちらをご覧ください。

 

 

3.草津温泉へのアクセス方法

草津温泉へのアクセス方法には、車、公共交通機関、高速バス、飛行機など4種類あります。それぞれを具体的に解説している記事がありますので、よければそちらをご覧ください。

 

 

まとめ

今回は、西の河原露天風呂について紹介してきましたが、いかがでしたか。

この温泉は日本でも屈指の広さを誇っており、何といっても開放的な源泉掛け流しの露天風呂という特徴があります。実際に入ってみて、その圧倒的なスケールに驚かされましたし、いつかまた行きたい場所だと思いました。西の河原露天風呂に入ろうかどうか迷っている方は、ぜひ一度入浴してみることをおすすめします。

それでは失礼します。

最新情報をチェックしよう!