草津温泉で食べ歩きにおすすめなお店8選【珍しいお土産も紹介してます】

草津温泉で食べ歩きにおすすめなお店について知りたい方へ

 

・草津温泉にはたくさんのお店があるので、どの店が食べ歩きにおすすめなのか分かりません。
・効率よく食べ歩きにおすすめなお店を回りたいです。

 

記事を読むことで分かること
【1】草津温泉で食べ歩きにおすすめなお店について
【2】おすすめのルートについて
【3】草津温泉のお土産について
【4】草津温泉周辺の観光地、宿、アクセス方法など
この記事を書いている私は、今まで300カ所以上の国内の観光地や温泉地を巡っています。

 

1.草津温泉で食べ歩きにおすすめなお店について

おすすめ店【8選】

1.本家ちちや 湯畑店

このお店は温泉まんじゅうが有名で、昼夜問わず列ができるほどの人気店です。実際に私が行った時も大勢の人が並んでおり、購入するまで15分ほどかかりました。また、夜間に行ったので、非常に寒い中我慢して並んだことを覚えています(10月中旬)。

メニューは、バームクーヘンと温泉まんじゅうの2種類があります。温泉まんじゅうには更に2種類あり、2色あんまんじゅう(白)と茶まんじゅうがあります。どちらも1個から購入することが可能で、120円程度だったと思います。

私は、2色あんまんじゅうを食べてみましたが、中には栗あんとこしあんが入っており、しつこさがなくあっさりとした味でした。まんじゅうは基本的に甘すぎるイメージがありますが、ここはそこまで甘すぎることはありません。料金も高くないですし、個人的にはかなりおすすめなお店だと思います。バラ売りだけでなく箱売りもしているので、おみやげにも最適ですね。

また、日中は店頭で出来立ての温泉まんじゅうを売っていますので、そちらの方がより美味しいかもしれません。もちろん料金も同じですよ。

 

Googleマップで確認する

名称:本家ちちや 湯畑店
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津114
電話番号:0279-88-3636
営業時間:8:00~21:00
定休日:年中無休
交通アクセス
:湯畑のすぐそばです
駐車場:なし
ホームページはこちらから

 

2.やきとり静

このお店は、文字通り焼き鳥を食べられるお店です。この店も昼夜問わず大行列を作るほどの有名店です。私が店のそばを通り過ぎた時も、昼夜ともに30m以上の行列を作っていました。

実際に私が行ったのは昼の12時ごろでした。開店するのは15時からなので、本来は開店していない時間帯なのですが、なぜか12時から開店していました。もちろん誰も並んでいなかったため、一番乗りで焼き鳥を注文することができて非常にラッキーでした。ただ、絶対に開店しているとは言えないのでその点は悪しからず。並ぶのが嫌な人は、開店直後を狙って行くとすぐに食べられるかもしれませんね。

実際に私が注文したのは手羽先と鳥皮(塩)です。手羽先は2個ついており、塩コショウがかかっていて絶妙な塩加減でした。今まで食べた中で一番おいしい手羽先ではないかと思うほどでした。また、鳥皮はしっかり火が通っていて、パリッとした食感です。こちらも塩コショウ味にしましたが、これも最高に美味しかったです。違う店では火が通ってない柔らかい鳥皮もありますが、私は苦手なので、皮がパリっとしていて良かったです。

ちなみに注文した数にもよりますが、出来上がるまではそれなりに時間がかかります。私は手羽先と鳥皮を注文しましたが、おおよそ15~20分かかったと思います。その間暇なので、目の前の湯畑で時間をつぶすといいでしょう。

 

Googleマップで確認する

名称:やきとり静
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津396
電話番号:0279-88-2364
営業時間:15:00~22:00
定休日:水曜日
交通アクセス
:湯畑のすぐそばです
駐車場:なし

 

3.草津温泉プリン

草津温泉プリンは、西の河原通りにあります。ここでは、インスタ映えするような色鮮やかなプリンを売っています。ここも非常に人気店で、常に多くのお客さんがお店の周りにいました。

この写真は、お客さんが減った時に撮影したので、それまではこの倍以上の人がいました。インスタ映えするプリンですが、全部で4種類あります。

左から、季節限定(ゆず)、湯畑プリン、夜の湯畑プリン、湯もみプリンと名前がついています。今は、夜の湯畑プリンの代わりに風呂マージュというイチゴのソースがかかったプリンが売られているみたいです。

今回はせっかくなので、全種類を大人買いしてしまいました。とても可愛いビンに入っているので、家に持って帰って草津温泉を思い出すのに役立っています笑。フタがついており、普通に入れ物として使うこともできますので便利ですよ。ちなみに、料金は1個当たり300~400円前後です。そこまで高くないですね。

肝心の味ですが、季節限定(ゆず)はしっかりとゆずの味がついており、プリンとの相性も良かったです。プリン自体はとろっとしていて、滑らかな口当たりでした。湯畑プリンはメロンサイダー味で、湯畑プリンの看板商品だけあって美味しかったです。

夜の湯畑プリンには、レモンポーションが入っており、これを青いジュレにかけると、青から紫色に変化します。夜の湯畑は紫色にライトアップされているので、それにちなんで名前がつけられたのでしょう。それにしても凄いクオリティでビックリしました。これが400円前後なので、買わない手はないという感じですが、残念ながら今は売っていません。また再登場する日を楽しみに待ちましょう。

最後に湯もみプリンですが、こちらはオーソドックスなプリンとなっています。一番下にはカラメルソースが入っています。

インスタ映えするプリンというだけあり、見ているだけでも楽しめますし、味も美味しいです。4種類購入して食べ比べするのもいいですね。ちなみに、おみやげとして持って帰ることもできますので、その際は保冷バックに入れてくれますよ。他にも、湯畑ソフトや湯畑フロートなども売っていますので、興味がある方は足を運んでみて下さい。

 

Googleマップで確認する

名称:草津温泉プリン
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津407
電話番号:0279-82-5278
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休
交通アクセス
:湯畑から徒歩3分
駐車場:なし
ホームページはこちらから

 

4.松むら饅頭

この店は、西の河原通りのとても人通りが多い場所にあります。ここでは温泉まんじゅうと羊羹を購入することができます。店頭に並んでいるおまんじゅうは1個から購入することができ、料金は1個で100円です。とても良心的な値段ですね。箱売りもしており、お土産にはこちらの方がおすすめみたいです。私も松むら饅頭を1つ買って食べてみました。

くさつって書いていて、温泉マークがあるのが可愛いですね。実際に食べてみると、先ほどの本家ちちやとは少し違って、とても表面の皮が薄くてあんこが多く入っている印象を受けました。あんこはまろやかで、尚且つくどくないので、2口でペロッと食べてしまいました。とても美味しかったですよ。小腹が空いた方は、1個だけ購入して食べ歩きするのもいいかもしれません。

 

Googleマップで確認する

名称:松むら饅頭
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津389
電話番号:0279-88-2042
営業時間:8:00~18:00
定休日:火曜日(水曜は不定休)
交通アクセス
:湯畑から徒歩3分
駐車場:なし
ホームページはこちらから

 

5.寺子屋本舗

このお店では、おかきやお煎餅などを売っています。店内にもおかきを売っていますが、店頭では熱々のおかきを買うことができます。種類には、えびせんやしょうゆおかきなど全15種類ほどあったと思います。ちなみに私は海苔巻きおかきを買ってみました。そこまで人が多いわけではないので、すぐに購入できましたよ。

草津温泉という文字と温泉マークが書いてあり、いかにも草津温泉に来ました!みたいな感じですね。やはりおかき専門店というだけあり、市販のおかきとは違って食べ応えがありました。しょうゆ味もしっかりついており、パリパリ感がたまらなかったです。濡れおかきも食べてみたかったのですが、お腹いっぱいで夕食を食べられなくなっても困るので止めておきました…。美味しいおかきを食べたいという方にはおすすめですよ。

 

Googleマップで確認する

名称:寺子屋本舗
住所:〒377-1792 群馬県吾妻郡草津町草津507
電話番号:0279-88-9707
営業時間
9:30~17:30(10/11~8/10)
9:30~18:00(8/11~10/10)
定休日:年中無休
交通アクセス
:湯畑から徒歩5分
駐車場:なし
ホームページはこちらから

 

6.山マタギと海番屋

ここでは店頭で焼き鳥を売っています。ただ、店内には他にも様々な種類の料理がありますので、居酒屋のような雰囲気となっています。私はお店の中には入らずに、店頭で豚串(タレ)を頼みました。そこそこ人がいたものの、並ぶほどではなかったのですぐに注文できました。

豚串は20cmほどの大きさで、料金は350円でした。豚串と言えば普通は塩コショウで食べることが多いと思います。しかし、ここの豚串はタレがついています。私自身、タレで食べるのは初めてでしたが、これはとても美味しかったので、またリピートしたいなと思いましたね。あっさりしたタレで、塩だれのような感じで食べられました。西の河原通りの外れにありますので、散策がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

Googleマップで確認する

名称:山マタギと海番屋
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津486-2
電話番号:0279-88-7515
営業時間:9:30~20:00
定休日:木曜日(季節によって変動あり)
交通アクセス
:湯畑から徒歩5分
駐車場:なし

 

7.杉養蜂園 草津温泉店

蜂蜜専門店です。店内は狭いですが、蜂蜜を使った様々な商品が置かれています。また、店頭ではソフトクリームを売っており、特にはちみつソフトクリームがおすすめです。私も実際に食べてみました。

可愛いカップにソフトクリームが入っています。少し黄色がかっているので、蜂蜜が入っているのが分かりますね。実際に食べてみると、ほんのりはちみつの味がして、まろやかな口触りが特徴です。味もとても濃厚でしたよ。これで料金は300円ほどです。

また、本物のハチの巣が入ったソフトクリームもあります。ハチの巣といっても、長方形に小さくカットされているもので、中にははちみつが詰まっているみたいです。実は私もこれを食べたかったのですが、手違いで食べることができませんでした。ハチの巣が入ったソフトクリームは珍しいと思いますので、ぜひ食べに行ってみてはいかがでしょうか。

 

Googleマップで確認する

名称:杉養蜂園 草津温泉店
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津386-1
電話番号:0279-88-5838
営業時間
9:00~17:45(3月~7月・10月~11月)
9:00~18:15(8月~9月)
9:00~17:00(12月~2月)
定休日:年中無休
交通アクセス
:湯畑から徒歩5分
駐車場:なし
ホームページはこちらから

 

8.土屋商店

見た目は普通の酒屋ですが、店頭に甘酒や地酒などを置いています。立ち寄りですぐに紙コップ1杯飲むことができますよ。私は甘酒を飲んでみましたが、甘すぎない味であっさりして飲みやすかったです。また甘酒はとても暖かくなっているので、寒い日には助かります。確か1杯で500円ほどだったような気がします。はっきり覚えてなくてすみません…。

 

Googleマップで確認する

名称:土屋商店
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津386
電話番号:0279-88-2257
営業時間:9:30~17:30
定休日:火曜日
交通アクセス
:湯畑から徒歩3分
駐車場:なし

 

9.まつりや

食べ歩きとは関係ありませんが、西の河原通りに「まつりや」という射的場がありましたので、そこだけ紹介したいと思います。ここは新規オープンしたお店ですが、私が行った時はすでに列を作って待っている状態でした。そこそこ人気のようです。

システムは、入り口にガチャガチャがありますので、まずは500円を入れて下さい。そうすると、コルクが入ったカプセルが出てきますので、カプセルからコルクを取り出して、それを射的に利用します。基本的にコルクは10個入っていますが、黄色のカプセルには11個入っています。運が良ければ黄色が出るかもしれませんね。

あとは実際に射的をするだけですが、点数に応じて景品を獲得できます。より多くの点数を獲得できれば景品のランクも上がっていきます。ちなみに、射的の的となるのは恐竜の置物ですが、軽いものだと1点で、重くなるにつれて3点、5点となっていきます。当然、重い方が落としにくいです。

私も実際にやってみたのですが、1点×1と3点×2の合計7点しか獲得できませんでした。なかなか難しかったですね。景品は、小さいおもちゃとうまい棒2本でした。まあ個人的に景品が欲しいというよりは、射的で楽しめたということの方が良かったので、結果オーライですね。食べ歩きの途中に立ち寄ってみると楽しいと思ったので紹介してみました。

 

Googleマップで確認する

名称:射的場まつりや
住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津497-1
営業時間:20:00以降は閉まっていました
定休日:不明
交通アクセス
:湯畑から徒歩5分
駐車場:なし

 

おすすめルートについて

草津温泉の温泉街は広いので、効率よく回る必要があります。そうすることで時間に余裕が出てきますし、たくさんのお店を回ることもできます。

ここでは、おすすめのルートを紹介しており、上記で紹介したお店もその通りの順番で回っています。

草津温泉の全体像はこのような感じになっています。昼と夜でそれぞれ観光マップがあります。

もう少し細かく見ていきます。

だいたいこの辺りが草津温泉の温泉街に該当します。この地図を参考に、どういう風に回ったら効率がいいのかを見ていきます。

ルートを黒い矢印で示してみました。青い〇は紹介しているお店、赤い〇は射的場まつりやの位置です。この順番であれば、比較的効率よく回ることができると思います。所要時間は、ゆっくりお店を回って半日ほどかかると思います。

温泉街の雰囲気はこのような感じです。

 

2.草津温泉のお土産について

草津温泉で私が購入したお土産について紹介したいと思います。

湯畑の湯の花

これは湯畑から直接とってきた湯の花です。店で売られているような湯の花とは違って、こちらは正真正銘の純度100%の湯の花となっています。加工方法は、湯畑から湯の花をとってきて、それを細かく砕いているだけです。2ヶ月に1度しか採取していないので、なかなかお目にかかれない商品みたいです。不定期で路上販売されているとお店のおじさんが言っていました。お店でも売っているみたいですが、年間4000個限定なので、お店にない可能性も十分にあります。単純計算で、1日に10個しか販売できない激レア商品ですもんね。

実際に販売されていた場所をマップで紹介します。

写真ではこのような感じです。

右手に車が停まっていると思いますが、だいたいその辺りで湯の花を売っていました。普通の路上ですね。松むら饅頭や草津温泉プリンの付近なので、もう少し分かりやすい写真をどうぞ。

赤い丸で示している場所で店頭販売をしていました。

料金ですが、露店で販売されているのは300gで1400円でした(実際には320g入っていました)。ただ、お店のおじさんが更に安くしてくれたので、1000円で購入することができました。おじさんに本当に感謝です。ちなみにこの商品、お店で売っている価格は本来95gで1400円です。単純に300gだったら4000円以上はしますよね笑。

使い方ですが、浴槽に入れる場合はスプーン小さじ2杯ほどでOKです。足湯の場合は、指で一つまみするだけでいいみたいです。これで草津温泉の気分を味わうことができますよ。

湯の花が欲しくなったという方は、ぜひ露店を覗いてみて下さい(露店販売がない日もありますので、その点はご注意下さい。販売日は不定期なので、多少は運にも左右されます)。また、お店にも売っていますので、販売店に行ってみてもいいかもしれません。

湯の花の販売店についてはこちらを参照。

 

てんぐの玉手箱

てんぐの玉手箱は、フルーツ味のこんにゃくが入っている商品です。群馬県はこんにゃくが有名なので、このような珍しい商品が売られています。とても可愛い箱に入っていますね。

中身はこのような感じです。左からイチゴ、りんご、ブルーベリー、梅となっています。こんにゃくというよりは、ゼリーのような見た目です。ちゃんと爪楊枝が入っています。

 

水沢うどん

水沢うどんは、群馬県で有名なうどんです。基本的にどこのおみやげ屋でも購入することができます。

 

2.草津温泉周辺の観光地

草津温泉には数多くの観光地があるので、どこを回ればいいのか分からない方もいると思います。私が実際に観光地を回った際に、おすすめだと思った場所を記事でまとめていますので、よければそちらをご覧ください。

 

 

3.草津温泉でおすすめの宿

草津温泉には数多くの宿があり、様々なサイトでおすすめの宿を紹介されています。基本的に上位の宿はある程度決まっていますが、どの宿にしようか決めかねている方も多いかと思います。

おそらくどの宿も間違いはないと思いますが、私はその中でもホテル櫻井に宿泊してみました。ここは5つ星ホテルで、草津温泉の中でもトップ3には入るほどの宿です。

 

簡単な感想としては、料理・温泉・客室全てでとても満足できる内容でした。

具体的に、泊まってみて良かった点、もう一息と思った点、ホテル内部の様子などは下記記事で紹介しています。

 

 

 

4.草津温泉へのアクセス方法

草津温泉へのアクセス方法には、車、公共交通機関、高速バス、飛行機など4種類あります。それぞれを具体的に解説している記事がありますので、よければそちらをご覧ください。

 

 

まとめ

今回は、草津温泉で食べ歩きにおすすめのお店について紹介してみましたが、いかがでしたか。

草津温泉の温泉街にはたくさんのお店があるので、どこがいいのか迷う方も多いと思います。実際に、私が行ってみて良かったと思う店を紹介しているので、この記事が参考になれば嬉しいです。

それでは失礼します。

最新情報をチェックしよう!