夏の地獄谷野猿公苑について【実体験から紹介します】

夏の地獄谷野猿公苑について知りたい方へ。

 

夏に地獄谷野猿公苑に行ってもお猿さんが温泉に入っている姿を見られますか?
・夏に地獄谷野猿公苑に行く際の気温や服装について知りたいです。

 

記事を読むことで分かること
【1】夏の地獄谷野猿公苑について
【2】地獄谷野猿公苑の夏場の気温・服装・持ち物について
【3】地獄谷野猿公苑へのアクセス方法
この記事を書いている私は温泉ソムリエです。今まで300カ所以上の国内の観光地や温泉地を巡っています。

1.夏の地獄谷野猿公苑について

地獄谷野猿公苑には冬に行かれる方が多いと思います。その理由の多くは、お猿さんが雪見風呂に入っている姿を見るためだと思います。しかし、夏場に行く方も一定数いらっしゃると思います。私は今回、夏場の地獄谷野猿公苑に行ってきましたので、その時の状況ついて紹介していきます。

地獄谷野猿公苑へのアクセス方法

地獄谷野猿公苑へ行くには上林温泉経由と渋温泉経由の2通りの方法があります。これに関しては別記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

 

地獄谷野猿公苑までの道のりについて少し触れておきます。上林温泉経由では、山道でありながら多少は道が整備されていますので夏場は歩きやすいかと思われます。
しかし、渋温泉経由では途中から山道を歩く場面があります(約200m)。特に夏場は虫も多く草も伸びていて、時々ぬかるみもあります。一応、どちらからでも地獄谷野猿公苑へ行けますので、自分に合ったルートを検討してみて下さい。
ちなみに私は渋温泉に泊まりましたので、渋温泉経由で地獄谷野猿公苑に行きました。その時も蚊や蜂などの虫が多かったですね。

お猿さんは夏に温泉には入りません

まず結論から申し上げますと、夏場に温泉に入っているお猿さんは1匹もいませんでした。やはり夏は暑いので温泉には入らないみたいですね。お猿さんが温泉に入っている姿を見たいのであれば、やはり冬に行くのがベストのようです。

温泉水を親子で飲んでいる姿です。温泉には入っていませんが、お猿さんの恰好の水飲み場となっているようです。

 

上手くジャンプして飛島に乗っています。個人的には対岸に戻る際に温泉に入ってほしかったのですが、戻る際も温泉に入らずジャンプしていました。やはり夏に温泉に入ることはなく、寒くなったら入るということなのでしょうね。

20分ほどお猿さんが温泉に入るかどうか眺めていましたが、結局1匹も入る気配がありませんでした。テレビやネットでよく見るお猿さんの光景は、やはり冬しか見られないということですね。

 

2.地獄谷野猿公苑の夏場の気温・服装について

気温について

まず地獄谷野猿公苑の夏場の気温(5~9月)について紹介します。

単位(℃) 5月 6月 7月 8月 9月
最高 19.2 23.0 26.5 28.2 22.4
最低 7.4 12.2 16.4 17.5 13.0
平均 12.7 16.8 20.6 21.6 17.0

5~9月の最高気温は20~30℃で推移しています。思っているよりも暑いですね。地獄谷野猿公苑には基本的に日中に行くと思いますので、最低気温は気にしなくても大丈夫です。

ちなみに、地獄谷野猿公苑に行くだけならTシャツだけで構いません。しかし、夜間に外出する際には長袖やアウターが必要になります。夏でも夜間は冷えますので、夜間は防寒対策をしておく必要があります。

 

持ち物・服装について(8月上旬)

私は8月上旬に地獄谷野猿公苑に行きましたので、以下でその時の服装・持ち物を紹介しています。服装については、夏場は最高気温が20℃を超えるため、基本的にアウターは必要ないと思っています。

【持ち物】
スマホ、財布


【服装】
上はTシャツ、下はジーパン、靴はスニーカー

持ち物は必要最小限で構いません。私の場合はスマホと財布のみショルダーバックに入れて持っていきました。荷物が多いと現地で動きにくいですし、お猿さんに盗まれる可能性も否定できません。

服装については、8月上旬(最高気温は28℃前後)なのでTシャツで問題ありません。特に、地獄谷野猿公苑までは徒歩で行きますので結構汗をかきます。長袖を着ていたら暑くて脱ぎたくなるかもしれません。下は半ズボンでもジーパンでも構いません。靴は歩きやすいスニーカーがいいでしょう。

後で持っていけば良かったと思ったのは虫よけとフェイスタオルです。まず夏場は蚊に刺されることが多いです。特に、山中を歩いている際には色々な虫が寄ってきますので、それが嫌だという方は虫よけを持っていきましょう。フェイスタオルに関しては汗を拭くのに役立ちます。夏場は意外と暑いので、ぜひタオルを1枚持っていくことをおすすめします。

 

まとめ

今回は、夏の地獄谷野猿公苑について紹介してみましたが、いかがでしたか。

ネットの情報では、お猿さんは冬にしか温泉に入らないと言われています。今回はそれを裏付ける結果になったと思います。また、長野県は比較的涼しいとイメージしている方が多いと思います。しかし、実際には夏場でも汗をかくほど暑いということを知っておきましょう

それでは失礼します。

最新情報をチェックしよう!